これで解決!薄毛の悩み

バランスの悪い食生活、男性ホルモンの異常分泌、ストレス、冷え性などが薄毛の原因となることがあります。

薄毛の原因はバランスの悪い食生活など

薄毛の原因は、実に色々あります。

まずバランスの悪い食生活です。

髪の毛が健康的になるには、良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルが必要ですが、だからといってお肉などをたくさん食べると、逆に薄毛になってしまうことがあります。

ようは、食生活に偏りがあったりすると薄毛や抜け毛になってしまいます。

また男性ホルモンの異常分泌にも原因があります。

男性ホルモンの一つである、テストステロンが髪の毛の成長に悪い影響を与え、薄毛になってしまうことがあります。

これは遺伝的なものであることが多いようです。

さらに別の原因にストレスがあります。

ストレスで筋肉が収縮し、血管が細くなり、毛根に栄養が行かなくなり、髪の毛が育たなくなってしまいます。

さらに不適切なヘアケアで薄毛になってしまうこともあります。

例えば、洗髪をしないで不潔な状態にほおっておくこと、またはシャンプーのしすぎで頭皮を傷めてしまうために薄毛になってしまいます。

パーマはドライヤーのかけすぎなども同じです。

シャンプーしたときに、十分すすぎを行わないと毛穴がつまり、薄毛抜け毛になってしまいます。

さらに紫外線に当たりすぎると、髪の毛のキューティクルにダメージを受け、薄毛を促進してしまうようです。

また女性の方の薄毛の原因に、冷え性があります。

体がいつも冷えている方は、血行障害により、薄毛や抜け毛の原因となります。
◇参考リンク:女性にお勧めの薄毛治療

また血行障害の別の原因はタバコです。

タバコのニコチンは血管を収縮させてしまうので、それで髪の毛が薄くなることがあります。